福祉レンタル・販売・住宅改修・医療福祉事業 | 株式会社BANDS
こんなお悩みありませんか
介護保険ってなぁに? 相談はどこへ行けばいいの

介護保険は介護が必要な方に、その費用の一部を給付してくれる保険です。
どこに相談していいのかわからない時には、はまずはお住まいの市区町村の「高齢者福祉課」や「介護保険課」の窓口に相談してみましょう。
電話でも相談できます。

介護認定を受けるとどんなサービスを受けられるの

介護認定とは、介護保険サービスの利用者希望者に対して「どのような介護が、どの程度必要か」を判定するためのものです。
介護認定を受けて、「要支援」・「要介護」の判定をもらいます。判定の後、「居宅サービス」「施設サービス」「地域密着サービス」等のサービスが受けられます。

サービスを受けるには原則1割の自己負担が必要です。ただし、前年度の所得に応じて、自己負担率が2割あるいは3割になります。

介護保険について

介護保険制度は、介護が必要となった高齢者とその家族を社会全体で支えていく制度です。

介護が必要な方(要支援者・要介護者)に介護の費用を一部給付される仕組みです。

給付を受けるには介護がどの程度必要か判定してもらい市町村等に一定の手続きをする必要があります。

サービスを受ける場合には、1割の自己負担が必要ですが所得によって負担が2割または3割になる場合があります。

介護保険は全国の市区町村が保険者となり、40歳以上の方が被保険者(加入者)として納めている介護保険料と税金で支払われています。

サービス利用対象者

第1号被保険者の場合・・・要介護認定要支援以上と判定されたも者(65歳以上)

第2号被保険者の場合・・・16の特定疾患病に該当しかつ要介護認定を受けて要支援以上と判定された者(40〜64歳まで)

【 16の特疾患病 】

  1. 末期がん
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

介護保険が必要になったら(介護保険の申請から更新まで)

介護認定の申請

市区町村の介護保険窓口、または地域包括支援センターなどで申請が可能です。

訪問調査

申請後、身体や心理面の状態に関する訪問調査が行われます。

主治医の意見書

市区町村から主治医に対して、意見書の作成依頼が送付されています。

介護認定審査会による
審査・判定

訪問調査、主治医の意見書を元にして介護度の判定が行われます。

認定結果の通知

認定結果の通知書と、介護保険証が郵送されます。

サービスの選択
ケアプラン作成

サービスの利用開始
介護認定の更新

引き続きサービスを利用したい場合は有効期間終了まに更新の申請をします。

介護保険を利用して受けられるサービス

居宅介護支援

ケアプランの作成、家族の相談など

居宅サービス

訪問型サービス、通所型サービス、 短期滞在型サービス

施設サービス

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設

福祉用具に関するサービス

介護ベッド、車いすなどのレンタル

入浴、排せつ関係の福祉用具の購入費の給付

住宅改修

手すり、バリアフリー、和式トイレを洋式に変えたいなどといった住宅改修に対する給付

介護保険への対応可能なサービス

ボンズでは、以下のサービスが介護保険に対応しています。

介護用品購入について

【 16の特疾患病 】

  1. 末期がん
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

介護認定の申請

市区町村の介護保険窓口、または地域包括支援センターなどで申請が可能です。

訪問調査

申請後、身体や心理面の状態に関する訪問調査が行われます。

主治医の意見書

市区町村から主治医に対して、意見書の作成依頼が送付されています。

介護認定審査会による
審査・判定

訪問調査、主治医の意見書を元にして介護度の判定が行われます。

認定結果の通知

認定結果の通知書と、介護保険証が郵送されます。(およそ30日ぐらい)

サービスの選択
ケアプラン作成

サービスの利用開始
介護認定の更新

引き続きサービスを利用したい場合は有効期間終了まに更新の申請をします。

住宅改修
介護レンタル
福祉用具販売
もっと楽しめる介護生活を私達も考えます。
まずはお電話を
 
電話:(0823)76-5257