サイドメニュー
  • 住宅改修について
  • 住宅改修事例
  • ご利用の流れ

住宅改修について

介護保険を利用して住宅改修を行うことが出来ます。

要介護度、要支援認定を受けている方が、家庭内の安全を確保する為や介護される方の負担を軽減する為に、住宅の一部を改修した場合、介護保険を利用して住宅改修が出来きます、市町村は、その工事費の一部を支給してくれます。ボンズは、その住宅改修にも応じております。

介護保険で住宅改修費の支給を受けるためには

平成18年4月以降、介護保険で住宅改修費の支給を受ける為には住宅改修を行う前に市町村窓口で申請が必要となります。手続きなどお気軽にお問い合わせいただければ、ケア・マネージャーとの相談では、ボンズの福祉住環境コーディネーター、一級建築士、等のスタッフがあなたに合った住まいをご提案させていただきます。

介護保険での住宅改修の支給限度額は

介護保険での住宅改修の支給限度額は、原則1人20万までとなっています。例えば,段差解消でのスロープ工事を20万で行った場合は、自己負担額は、1割(2万)となります。住宅改修の場合での支払方法は、いったん工事費用の全額を支払った後、申請により9割分が介護保険から支払い戻される償還払い方式となります。(例外有り)

ページトップへ

ボンズは、バリアフリー住宅や介護住宅での数多くの改修事例と改修後に高齢者・要介護者とともに快適に暮らす為の数多くの情報を用意しておりますので、介護保険を利用しての住宅改修の申請に必要な、写真、ケアマネージャの意見書等、プランニングから施工まで全てご相談ください。

ページトップへ