• 日常生活用具について
  • 補装具について
  • 医療費控除

 医療費控除について

医療控除って
年間にかかった医療費が10万円もしくは所得金額の5%を超えた場合、確定申告することにより税金の一部が戻ってくる制度です。医師の診療代、薬代、入院費用などのほかに、福祉用具の中にも医療費控除の対象品目に定められている用具があります。
福祉用具の購入も医療費控除の対象になるの?
紙おむつ、失禁パッド類、松葉杖、義歯、義足、義手、補聴器、等、原則病気を直接治療するものの購入費用が控除対象になります。
医療費控除を受ける為には、どうすればいいの?
医療費の支出を証明する書類、領収書を確定申告書に添えて提出します。給与所得の源泉徴収表もご用意ください。
紙おむつの場合は、かかりつけの医師が発行したの「おむつ使用証明書」(病名、おむつの必要な期間、医師の署名、捺印)(有料)と証明書の発行日以降に購入した紙おむつの領収書、を添えて確定申告の際に提示します。
対象期間と確定申告の期間はいつ?
前年1月01日〜12月31日までの医療費の領収書、おむつ使用証明書などを整えて、2月16日〜3月15日に確定申告しましょう。
対象外となる福祉用具は?
治療を受けるために直接必要としない補聴器などの購入費、福祉用具貸与、介護予防福祉用具貸与は含まれません
医療費控除を受けられる人は?
所得税を納めている、同じ生計で暮らしている家族の支払った医療費が1年間に 10万円もしくは所得税の5%以上であり、健康保険や生命保険から補てんされた後も、医療費が10万円以上である事( 同居していなくても仕送りで扶養している親、子供も同じ生計で暮らしている家族とみなされます)
  • 詳しくはお住まいの地域の税務署にお問合わせ下さい。
  • 医療費控除額の金額がそのまま還付されるのではありませんが、申告すれば税金の負担額が少なくなります。
  • 医療費控除の対象となる介護保険制度下での居宅サービス施設サービス等もあります
  • 医療費控除の還付金は、申告しないと受けられません。
  • 介護保険で要介護認定を受けている方は地域によっては市町村から補助を受けられる場合があります。ケアマネージャーにご相談下さい。

ページトップへ