補装具の給付事業について

どんなサービスなの?
障害者自立支援法に基づいて、身体障害者(児)の職業、その他日常生活の能率向上を図ることを目的として補装具の購入の一部を支給するものです。補装具の購入の前に申請する必要があります。
どんな人が利用できるの?
身体障害者手帳の交付を受けた18歳以上の方で、補装具の給付が必要であると認めれれる方です。
日常生活用具の種類
原則として、補装具の費用の1割を負担していただきます。補装具の購入・修理に通常要する費用の基準額を超える部分については、全額自己負担となります。(基準は厚生労働省告示により定められます。)

補装具の種類について

視覚障害 盲人安全杖、義眼、眼鏡
聴覚障害 補聴器
肢体不自由 義足、装具、座位保持装置、車椅子、電動車椅子、歩行器、歩行補助杖(一本杖を除く)
肢体不自由(児童のみ) 座位保持椅子、起立保持具
心臓機能障害・呼吸器機能障害 車椅子、歩行器、歩行補助杖(一本杖を除く)
肢体不自由及び音声・言語機能障害 重度障害者用意思伝達装置

支給手続きの流れ

支給手続きの流れ

申請に必要なもの

  • 補装具購入・修理費支給申請書
  • 身体障害者手帳
  • 書類判定が可能な場合は医師の意見書
    (18歳未満の方、18歳以上の方の場合は補聴器・弱視眼鏡などの一部の種類)
  • 印鑑