介護保険について

介護保険ってどんなもの?
介護保険は、お年寄りの数が急激(きゅうげき)に増え始めに伴い、寝たきりになったりして介護が必要な人が増えそれに伴い、寝たきりになったお年寄りの世話をする家族が大変です。そこで、あらかじめ保険料を払っておいて、お金を払った権利として、気がねなく介護のサービスを受けられるようにしようというのが、「介護保険」の考え方でこの制度は2000年度、スタートしました。
介護保険の仕組みは?
介護保険の支払は、利用者が費用の1割を支払い、残りを税金と介護保険料で支払われ、40〜64歳を第2号被保険者、65歳以上を第1号被保険者といいます。
介護保険の財源は?
40歳以上の全国民約6,500万人から、月額平均2,500円程度の保険料を集めます。保険料は40〜64歳は毎年値上がりし、65歳以上は3年ごとに値上がりします。この保険料は、会社に勤めている人は、本人と会社が半分ずつ支払うことになっています。働いていない人、働くのが困難な人は本人と国が半分ずつ払います。65歳以上の人は、年金から引かれる仕組みとなっています。40〜64歳の人は健康保険料と一緒に払います。
介護保険を使える人は?
40歳以上の方で65歳以上の方(第1被保険者)なら理由を問わず介護が必要になれば使うことが出来ますが、40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)は原因が特定の病気(特定疾病)で介護が必要にならなければ使えません。

※特定疾病とは以下のような病気です

  • @筋萎縮性側索硬化症
  • A後縦靭帯骨化症
  • B骨折を伴う骨粗鬆症
  • C初老期における痴呆症(認知症)
  • D早老症E糖尿病性神経障害・尿病性腎症及び網膜症
  • F脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血等)
  • Gパーキンソン病
  • H閉塞性動脈硬化症
  • I慢性関節リウマチ
  • K慢性閉塞性肺疾患
  • L両側の膝又は股関節に著しい変形のある変形性関節症
  • M脊髄小脳変性症
  • N脊柱管狭窄症
  • Jシャイドレガー症候群
要介護状態区分とは?
要支援1か2の方は、日常生活の一部に介助が必要で、適切にサービスを利用すれば改善する見込みの高い方で新予防給付でのサービスが利用できます。要介護1から5の方は、日常生活において介護を必要とする度合いが高い方で介護給付でのサービスが利用できます。 非該当とは、今後、介護や支援が必要となるおそれのある方で地域支援事業の介護予防事業でのサービスが利用できます。

ページトップへ

介護保険申請の流れ

介護保険申請の流れ

ページトップへ

医療機関や福祉施設にリース・販売を行っています。お客様のニーズに合わせてご提案させていただきます。